勝率を上げる方法

テニス

セオリー

勝率を上げるためにはテニスのセオリーを学ぶ必要があります。

要点を絞ると

  • 前衛は1,2ゲームで仕掛けて残りのゲームは誘う
  • 後衛がつなげ、前衛が決める
  • 回り込んだら引っ張りやすい

の3つになります。

この3つについて説明をしていきます。

1.前衛は1,2ゲームで仕掛けて残りのゲームは誘う

これがうまくハマれば、自分より実力の上の人にも勝てます。なぜならば、後衛の立場からすると、相手前衛がポーチボレーに出てきて、点を決められなかったとしても意識してしまうためです。点を決められたら更に意識するでしょう。ここで重要なのが失点してもいいから仕掛けることなのです。

ではどのようにして仕掛けるのか具体例を上げたいと思います。

  • 自分がサーブ側の場合

相手のレシーブをポーチボレー

ロブで相手後衛を動かした次の球をボレー

引っ張りのバックハンドをボレーなど

  • 自分がレシーブ側の場合

サーブ、レシーブの次の3本目をボレー

前衛を越すロブを打ちボレーに出る

前衛アタックなど

これらを行うことでだいぶ自分を意識させることができます。

そのためにも、後衛と上手くコミュニケーションをとり、戦略を立ててください。

2.後衛がつなげ、前衛が決める

後衛も点を取りたいという気持ちはよくわかります。しかし、前衛に決めてもらったほうが楽なのです。なにより、ラリーを続ける事ができれば自分のストローク力が上がり、前衛がボレーに出る機会が増えるということになるので、前衛が育ちます。前衛のミスが減れば後衛に来るボールが増えます。前衛を育てるのが後衛で、後衛を育てるのが前衛なのです。

3.回り込んだ球は引っ張りやすい

これは回り込んだときに流しの球を打つにはその方向に踏み込む必要があり、引っ張るよりも大変だからです。

人間は楽をしたい生き物です。何も意識していなければ楽な方に打ってくるのです。楽をさせないためにも引張を張るというのは有効です。引張を止めたあと流しのボールを抑えることができれば、次はロブを張る。ロブを抑えると後衛前しか打てなくなります。

この3つの点を常に頭に入れ、無意識にできるようになるまで練習してください。ひとつ上の実力になれるでしょう。

セオリーを習得したら、次はサーブについて説明していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました